N O W
 16 2017 03/09ー03/26

「エアリウム Airium」
 浮川秀信 UKIGAWA Hidenobu


  N E X T
 17 2017 04/06ー04/23

「W M」
 中島 麦 nakajima mugi



 P A S T
2017
 15 2017 02/09ー02/26

「白 図 White Figure」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko

 14 2017 01/12ー01/29

「マルノナカ In the sphere」
 中西 圭・多羅信綱
NAKANISHI TamacoTARA Nobutsuna


2016

 13 12/01ー12/18

「12のメッセージ
  Dozen Messages」
 12人の作家による合同展

 12 11/03ー11/20
「惑星 E Planet E」
 野口ちとせ NOGUCHI Chitose
 11 10/06ー10/23
「体験の副旋律」
 GUP-py
 10 05/12ー06/19
「クレジオ、耕衣、九条」
 今井祝雄 IMAII Norio
 09 10/06ー04/24
「せんりつ Line vibration」
 加藤悦郎 KATO Etsuro
 08 03/10ー03/27
「Fake Blues 見せかけの青」
 山本雄教 YAMAMOTO Yukyo
 07 02/11ー02/28
「Bubbles」
 うらゆかり URA Yukari
 06 01/14-01/31
「light moving  光移」
 池田啓子 IKEDA Keiko

2015
 05 12/03-12/27
「こころを打つDM」
 12人の作家による合同展
 04 11/05ー11/22
「くうきの輪郭」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko
 .03 10/08ー10/25
「ささやくエントロピー」
 山崎由美子 YAMAZAKI Yumiko
 02 05/28ー06/14
「N o - I s」
 松田彰・濱大二郎
 MATSUDA Akira・HAMA Daijiro
 01 04/02ー04/19 
「こだまの遠近法」
 田中広幸・野口ちとせ
 TANAKA Hiroyuki・NIGUCHI Chitose

  P A S T


/No.12

2016 11/3(木)ー 11/20(日)
OPEN 木曜~日曜 AM11:00~PM7:00(最終日はPM 5:00まで)


惑 星 E 野口ちとせ
 Planet E

 



会期中催し
 11/5(土) PM5:00〜  参加費無料
 • ギャラリートーク
 • 音楽会 『惑星E』  平川勝朗(ピアノ)
 

   
野口ちとせ
NOGUCHI Chitose

 

■『惑星E』はこの宇宙ではありふれた星です。宇宙の歴史ではよくある話ですが、生命誕生から
 数億年経つと1つの種が環境を変えるまで増大し、危機を迎える。惑星Eで優勢な種は、万物を
 創ったのは神だと考え、彼らはそれを「宗教」といいます。神のために彼らは血を流すことも
 ためらいません。
 たとえば、パキスタンのマララ・ユスフザイさんは、15歳の時、学校に行って勉強したいと
 公言し実行したために銃で撃たれ瀕死の重傷を負いました。撃った男は女子が学校に通うのは
 神の教えに反すると信じていたのです。
 今回展示する巨大な鉛筆作品『まっすぐな彼女 She is straight』は、マララさんがモチーフに
 なっています。
 この展覧会の売上金の10%は、途上国の女子教育活動を支援するマララ基金に寄付されます。
                                       野口ちとせ

■略 歴

 「音」 をテーマにした造形作品を制作、多様なスタイルの立体や平面で構成した空間を 『音・
 空・観』シリーズと題して発表。作品空間を使って「音を聴く」ことを目的としたワークショ
 ップを多数試みている。
 2015年以降、赤い鉛筆や国旗をモチーフにしたインスタレーション:『マララたちに』、
 また夏至をモチーフにしたオブジェ:『移ろいの座』等、作品を通じて様々なプロジェクトに
 参加、運営。
 大阪生まれ。1990年初個展、 以後略毎年個展開催。国内外グループ展多数。
 現代美術国際展南仏ペルピニャン 金賞('09)、銅賞('06) 現代美術交流展ソウル 奨励賞('07)

 野口ちとせ.jp


主な音・空・観シリーズ(2003以降)
2015 こだまの遠近法 二人展 (+1art/大阪)
  マララたちに For Malalas (自遊学校/高知)
2014 あるかもしれない For Listening (ギャラリーすずき/京都)
2012 余 音 Sound without Sound (楓ギャラリー/大阪)
2011 カタ コト KATAKOTO (ギャラリー勇斎/奈良)
2010 間 be 音 Sound within Sounds (ギャラリーすずき/京都)
2008 Requiem (楓ギャラリー/大阪)
2007 虚空の中心 Echoes From the Center of Nowhere (SELF SO アートギャラリー/京都)
2006 虚空の中心 Echoes From the Center of Nowhere (楓ギャラリー/大阪)
2005 巴 調 Heavenly Noise (仙台メディアテーク/宮城)
2004 三角形の空観  Sound of Triangular Space (Space Too/大阪)
2003 春のエコー Echo of Spring (楓ギャラリー/大阪)

主なグループ展、ワークショップ(2000以降)

2015−16 Malala project a charity Live (自遊学校/高知)
2015 韓日絵画交流展 (ソンナムアートセンター/韓国)
2015ー14 CAF.N びわ湖展 (大津市歴史博物館/滋賀)
2013 100 p.s. 『100の追伸』 (楓ギャラリー/大阪)
2012 ハンガリー日本現代美術展 (北野坂ギャラリー/神戸)   
2012年3月11日に描いた絵 (SELF SO アートギャラリー/京都)
ギャラリズム in 天満橋 (京阪シティモール/大阪)
柏原ビエンナーレ (柏原ビエンナーレ・サテライト会場/大阪)
2011
 
ハンガリー日本交流展 (Museum of Local Hostory of Ferencva'ros/ハンガリー、
                      A38 Exhibition Space/ハンガリー)
風と土のかたち展 (矢持区民センター(旧矢持小学校)/三重)
リトミックセミナー『プチ音楽家になってみよう!』 (ホームフレンズ枚方セラピー牧場/大阪)
2011ー10 京街道JAZZライン 香里園ミュージックアートピクニック (香里園まちづくり委員会/大阪)
2010ー07 現代美術小品展  (ギャラリーすずき/京都)
2009 現代美術国際展ペルピニャン (Palais des Codres Perpignan/南仏)
100オブジェ 『可能性としての空間あるいは開かれたアルバム』  (楓ギャラリー/大阪)
2007 現代美術国際交流展・ソウル (HANA ART GALLERY/韓国)
100キャンヴァス 『 14 x 18の時空から 』 (楓ギャラリー/大阪)
2006 現代美術国際展ペルピニャン (Saint Cyprien Plage/南仏)
The 25th AREXNEWYORK (Ward-Nasse Gallery/NY)
2005 現代美術国際展ペルピニャン (Saint Cyprien Plage/南仏)
掘削のためのエスキース、 或いは井戸、 若しくは釣り人 (仙台メディアテーク/宮城)
JCAA AWARD (小野画廊/東京)
2003ー98 木・土・色のたましいたち (西村屋ホテル 招月庭/城崎)
2002 国際インパクトアートフェスティバル (京都市立美術館)
2001 ICANOF Media Art Show (八戸美術館/青森)






星の動きをその一生で見ると長い螺線を描く。同じようにヒトの一生も線で表せるかもしれない。星と比べたら点でしかない
(点にもならない?)が、その点をつなぐと線になる。だからヒトも「種」としては線状に表すことができるだろう。
これまで惑星Eの上にヒトは細長い線を描いてきた。その線はヒトの急増と共に複雑になり混線・脱線も見られる。
野口ちとせは、将来もヒトが線を描き続けられるのだろうかと危惧している。それで高さ2メートルの鉛筆作品『まっすぐな
彼女』を10本も作ったのだろう。
これからもヒトが惑星Eで細い線を描き続けられるように、という願いを込めて。
                                                +1art カワラギ

■ご報告
 チャリティ期間11~12月の作品売上代金は総額で12万1000円でした。
 その10%にあたる1万2100円ををマララ基金に寄付させていただきました。

 日本では人口減により統廃合が続いて学校が減る一方ですが、世界的に見ると人口はまだ増え続けており、途上国では行き
 たくても通学できない子どもたちがたくさんいます。その数は6300万人といわれ貧困と狂信(テロ)を生む要因のひとつにな
 っています。無力ですが、同じ人間として、いまあるこの現実に関心を持ち続けたいと思います。
 ご協力ありがとうございました。
                          

copyright(C)2014 Plus1Art All right reserved