N O W
 18 2017 05/11ー05/28

「屋根をふく roof」
 あまのしげ・親谷 茂
 AMANO Shige・OYATANI Shigeru


 N E X T
 19 2017 06/01ー06/18

「内接/外接 soft touches」
 石橋志郎・谷内春子
 ISHIBASHI Shiro・TANIUCHI Haruko



 P A S T
2017
 17 2017 04/06ー04/23

「W M painting works」
 中島 麦 nakajima mugi

 16 2017 03/09ー03/26

「エアリウム Airium」
 浮川秀信 UKIGAWA Hidenobu

 15 2017 02/09ー02/26

「白 図 White Figure」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko

 14 2017 01/12ー01/29

「マルノナカ In the sphere」
 中西 圭・多羅信綱
 NAKANISHI TamacoTARA Nobutsuna


2016

 13 12/01ー12/18

「12のメッセージ
  Dozen Messages」
 12人の作家による合同展

 12 11/03ー11/20
「惑星 E Planet E」
 野口ちとせ NOGUCHI Chitose
 11 10/06ー10/23
「体験の副旋律」
 GUP-py
 10 05/12ー06/19
「クレジオ、耕衣、九条」
 今井祝雄 IMAII Norio
 09 10/06ー04/24
「せんりつ Line vibration」
 加藤悦郎 KATO Etsuro
 08 03/10ー03/27
「Fake Blues 見せかけの青」
 山本雄教 YAMAMOTO Yukyo
 07 02/11ー02/28
「Bubbles」
 うらゆかり URA Yukari
 06 01/14-01/31
「light moving  光移」
 池田啓子 IKEDA Keiko

2015
 05 12/03-12/27
「こころを打つDM」
 12人の作家による合同展
 04 11/05ー11/22
「くうきの輪郭」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko
 .03 10/08ー10/25
「ささやくエントロピー」
 山崎由美子 YAMAZAKI Yumiko
 02 05/28ー06/14
「N o - I s」
 松田彰・濱大二郎
 MATSUDA Akira・HAMA Daijiro
 01 04/02ー04/19 
「こだまの遠近法」
 田中広幸・野口ちとせ
 TANAKA Hiroyuki・NIGUCHI Chitose

  P A S T


/No.14

2017 1/12(木)ー 1/29(日) 休廊:月・火・水曜
OPEN 木曜~日曜 AM11:00~PM7:00(最終日はPM 5:00まで)


マルノナカ 二人展 中西 圭・多羅信綱
 in he sphere








中西 圭
NAKANISHI Tamaco

 

咲いては散り、浮いては沈む。わたしの手は記号性の青い花を繰り返し繰り返し描きつらねます。
 呼吸のリズムで、繰り返し繰り返し引かれた線は無数に重なり、青い花はやがて青そのものに溶
 け込んで、水の流れに変容するのでした。始まりは終わりに向かい、終わりは始まりにつながり。
 混沌は秩序へ、秩序は混沌に向かって傾いてゆくとして、今はどのあたりでしょう。
                                        中西 圭

■略 歴

 大阪府高槻市に生まれる
 大阪外国語大学(現 大阪大学外国語学部) 中国語学科卒
 大阪芸術大学芸術計画学科客員教授
 紙上に鉛筆、色鉛筆での内省的ドローイング、「素描詩」に取り組む。

出版
1995 素描集『Paper Leaves』(紫紅社)
1999 素描集『Paper Leaves vol.2』(紫紅社)
2002 素描集『Paper Leaves vol.3』(紫紅社)
2009 素描集『Paper Leaves vol.4』(紫紅社)

個展(2006年以降)
2006 セルフ・ソウアートギャラリー 京都
  川端康成文化館ギャラリー 茨木
2007 鯖江高等学校ホールギャラリー王山 鯖江
2008 ギャラリーDEN 大阪
2010 LADSギャラリー 大阪
2012 LADSギャラリー 大阪
2013 ギャラリー砂翁  東京
2015 LADSギャラリー 大阪
2016 LADSギャラリー 大阪

主なグループ展(2006年以降)

2007 位相のダイアローグ (鯖江市資料館)
2008 百花繚乱展 (兵庫県立美術館)
2011 画中の言説ディスクール展 (ギャラリー檜 東京)
  カーボンブラック (セルフ・ソウアートギャラリー 京都)
2013 「気分上々」(2KWギャラリー 大阪)   
2015 「静かな美術」(ギャラリーぶらんしゅ 池田市)
「こころを打つDM」展 (+1 art 大阪)








多羅信綱
TARA Nobutsuna

■石は場によって実に様々な表情を見せ、壮大な宙のように私たちの想像をはるかに超える
 何かを持っていると感じています。
 私たちの記憶やその場の状況、空間や時間さえも飲み込んでいく存在に、はたして私たち
 は何を思い、考え、気づくのだろうか。
 今回の展示では空間から石という存在に働きかけ展開することによって、その場がどのよ
 うな変化を見せるのかを感じることができればと思います。

■略 歴

1986年大阪府生まれ。2008年成安造形大学 造形学部造形美術科 彫刻クラス 卒業
主に石を素材として作品を制作している。京都府在住。

個展

2015 忘失の想起 (Artislong Gallery/京都府)
2013 内在 (Artislong Gallery/京都府)
2010 being -consideration to unconsciousness- (Artislong Gallery/京都府)
2009 being -given the realized- (Artislong Gallery/京都府)

グループ展 / 公募展
2015 こころを打つDirect Message (+1art/大阪府)
現代美術彫刻展 2015 (Artislong Gallery/京都府)
第14回KAJIMA彫刻コンクール[模型入選] (鹿島KIビル/東京都)
第61回全関西展 (大阪市立美術館/大阪府) 第二席
what I’ve chosen | what I chose vol.3 (ギャラリーアートサイト/滋賀県)
2014 Solid Fabrication 2014[2013,2012にも出品] (Artislong Gallery/京都府)
「余裕満々」彫刻展 (京都精華大学ギャラリーフロール/京都府)
第64回西宮市展[63,62,61,60,58,56回にも出品](西宮市立市民ギャラリー/兵庫県) 入賞
2013 Outdoor Sculpture Exhibition for the 600th Anniversary of Goyang City (高陽市/韓国)
京都美術ビエンナーレ (京都文化博物館/京都府)
2012 京都美術・工芸ビエンナーレ (京都文化博物館/京都府)
2011 Eutectic-Eutectoid/層状の共晶-共析 (Artislong Gallery/京都府)
2010 地域の芸術祭 街角アートのまちづくり[模型展示](吹田歴史文化まちづくりセンター浜屋敷/大阪府)
CRIA展 (京都芸術センター/京都府)
2009 瀬戸の都「高松」石彫トリエンナーレ2009[模型入選] (高松市石の民俗資料館/香川県)
2008 「主張てん」 (Artislong Gallery/京都府)
第40回記念京都野外彫刻展 (京都府立植物園/京都府)
新しい地平2 (ギャラリーアートサイト/滋賀県)
かんじる比良 (比良/滋賀県)
2008京展 (京都市美術館/京都府) 京展賞
2007 2007京展 (京都市美術館/京都府)
艶展 (Gallery Ryo/大阪府)




会期中催し
 1 /14(土) PM4:00〜  参加費無料
 ・アーティストトーク
 ・詩朗読と演奏
   中西 圭(朗読)・内田博子(ピアノ)


内田博子 UCHIDA Hiroko(ピアノ)
1994年生まれ。京都出身。
同志社女子大学 学芸学部音楽学科在学。
音楽教育、西洋音楽史、美術史専攻。
合唱団・楽器伴奏、ピアノ講師など幅広く活動中



石という素材は寡黙なように見えて雄弁だ。見ているといろいろ語りかけてくる。この世に存在する物はすべて長い歴史があるが、
その中でも石には宇宙的な時間を感じるからだろうか。
水は石のように確とした形をもたない。形あるものに阻まれれば留まり、導かれればそこを流れる。石のように語らず、自らを主
張しない。しかし奔流となれば巨石を動かす力を秘めている。
水をテーマにする画家と石の彫刻家の2人展を開くことになった。流れと固定、雄弁と静謐、相反するように見えて、この二つは
同じものの表裏でもある。その二つが集う時、終わりと始まりはつながり、空間は一つの丸い球体となるだろう。
                                                  +1art カワラギ

                          

copyright(C)2014 Plus1Art All right reserved