N O W
 16 2017 03/09ー03/26

「エアリウム Airium」
 浮川秀信 UKIGAWA Hidenobu


  N E X T
 17 2017 04/06ー04/23

「W M」
 中島 麦 nakajima mugi



 P A S T
2017
 15 2017 02/09ー02/26

「白 図 White Figure」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko

 14 2017 01/12ー01/29

「マルノナカ In the sphere」
 中西 圭・多羅信綱
NAKANISHI TamacoTARA Nobutsuna


2016

 13 12/01ー12/18

「12のメッセージ
  Dozen Messages」
 12人の作家による合同展

 12 11/03ー11/20
「惑星 E Planet E」
 野口ちとせ NOGUCHI Chitose
 11 10/06ー10/23
「体験の副旋律」
 GUP-py
 10 05/12ー06/19
「クレジオ、耕衣、九条」
 今井祝雄 IMAII Norio
 09 10/06ー04/24
「せんりつ Line vibration」
 加藤悦郎 KATO Etsuro
 08 03/10ー03/27
「Fake Blues 見せかけの青」
 山本雄教 YAMAMOTO Yukyo
 07 02/11ー02/28
「Bubbles」
 うらゆかり URA Yukari
 06 01/14-01/31
「light moving  光移」
 池田啓子 IKEDA Keiko

2015
 05 12/03-12/27
「こころを打つDM」
 12人の作家による合同展
 04 11/05ー11/22
「くうきの輪郭」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko
 .03 10/08ー10/25
「ささやくエントロピー」
 山崎由美子 YAMAZAKI Yumiko
 02 05/28ー06/14
「N o - I s」
 松田彰・濱大二郎
 MATSUDA Akira・HAMA Daijiro
 01 04/02ー04/19 
「こだまの遠近法」
 田中広幸・野口ちとせ
 TANAKA Hiroyuki・NIGUCHI Chitose

  P A S T


/No.7

2016 2/11(木)ー 2/28(日)

OPEN 木曜~日曜 AM11:00~PM7:00(最終日はPM 5:00まで)


 Bubbles  うらゆかり 
 無常のカタチ


        



会期中催し
 2/13(土) PM4:00〜  (参加費無料)
 ギャラリートーク  
 シャボン玉ワークショップ/シャボン玉研究所




うら ゆかり
URA Yukari


■ 在るものすべて、絶えず移り変わり、生あるものは必ず死ぬ。
  そういう現実を受け入れると、自身が開放され、
  今いる世界から外へ出ることができるかもしれない。
  その向こうには、きっと新しいカタチが在ると思い、つくり続ける。
                          うら ゆかり

■略 歴

1969 大阪府生まれ
1990 帝塚山短期大学日本文化史学科工芸美術史コース陶芸専攻 卒業史学科工芸美術史コース陶芸専攻 卒業
1991 帝塚山短期大学日本文化史学科専攻科 修了
1991 第24回 女流陶芸展
1995 祭 展(壺やギャラリー/奈良)
born in the forest ... 展(GALLRY ZERO/大阪)
1996 干支100人展(ガレリア.ロッソ.イケダヤ/大阪)‘97〜‘02 
1998 個展(番画廊/大阪)
個展(神戸リランズゲート/兵庫)
1999 kagu-ten(ギャラリーそわか/京都)
現代美術小品展(ギャラリーすずき/京都)‘00 〜‘10
2001 春展(Gallery Shop Σ/京都)
2002 第1回 アミューズ・アーティスト・オーディション in 京都(京都府立文化博物館)
2004 マクサバル国際陶芸フェスティバル(槐山/忠清北道 韓国)
2005 個展(ギャラリーすずき/京都)
2008 作家の仕事展(福田寺/滋賀)
志賀の野外造形展(北比良財産管理区/滋賀)
2010 2010 CAF.N びわこ展(大津市歴史博物館/滋賀)‘11 〜
2011 チャリティーのためのミニチュアール展(ルネッサンス スクエア/姫路)‘12 〜
2013 日吉大社芸術祭 野外美術展(山王総本宮 日吉大社/滋賀)
2014 BIWAKOビエンナーレ2014(近江八幡旧市街/滋賀)
個展(るーぶる愛知川/滋賀)





球形の物体がくっついたり離れたりして床や路地に置いてある様は、まるで大きいオニフスベ(キノコ)が群生しているよう。
それを見ると触ってみたくなる、 というか確かめたくなる。一見軽く柔らかそうだけど ? ? 
うらゆかりの陶芸作品は、別世界の生物を見るような、不思議な感情を人のこころに抱かせる。
今いる世界の外へ誘う「うらワールド」は一度見たら忘れられない。
                                                +1art カワラギ



copyright(C)2014 Plus1Art All right reserved