N O W
 16 2017 03/09ー03/26

「エアリウム Airium」
 浮川秀信 UKIGAWA Hidenobu


  N E X T
 17 2017 04/06ー04/23

「W M」
 中島 麦 nakajima mugi



 P A S T
2017
 15 2017 02/09ー02/26

「白 図 White Figure」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko

 14 2017 01/12ー01/29

「マルノナカ In the sphere」
 中西 圭・多羅信綱
NAKANISHI TamacoTARA Nobutsuna


2016

 13 12/01ー12/18

「12のメッセージ
  Dozen Messages」
 12人の作家による合同展

 12 11/03ー11/20
「惑星 E Planet E」
 野口ちとせ NOGUCHI Chitose
 11 10/06ー10/23
「体験の副旋律」
 GUP-py
 10 05/12ー06/19
「クレジオ、耕衣、九条」
 今井祝雄 IMAII Norio
 09 10/06ー04/24
「せんりつ Line vibration」
 加藤悦郎 KATO Etsuro
 08 03/10ー03/27
「Fake Blues 見せかけの青」
 山本雄教 YAMAMOTO Yukyo
 07 02/11ー02/28
「Bubbles」
 うらゆかり URA Yukari
 06 01/14-01/31
「light moving  光移」
 池田啓子 IKEDA Keiko

2015
 05 12/03-12/27
「こころを打つDM」
 12人の作家による合同展
 04 11/05ー11/22
「くうきの輪郭」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko
 .03 10/08ー10/25
「ささやくエントロピー」
 山崎由美子 YAMAZAKI Yumiko
 02 05/28ー06/14
「N o - I s」
 松田彰・濱大二郎
 MATSUDA Akira・HAMA Daijiro
 01 04/02ー04/19 
「こだまの遠近法」
 田中広幸・野口ちとせ
 TANAKA Hiroyuki・NIGUCHI Chitose

  P A S T


/No.8

2016 3/10(木)ー 3/27(日)

OPEN 木曜~日曜 AM11:00~PM7:00(最終日はPM 5:00まで)


 Fake blues 山本雄教 
 見せかけの青






会期中催し
 アーティストトーク  3/12(土) PM5:00〜 (参加費無料)
 



山本雄教
YAMAMOTO Yukyo

 

■ブルーシートは、工事現場をはじめとする囲いや、作業の際に床や壁を汚さないための
 養生、あるいは路上生活者の仮設住居といった、様々なものを覆う、隠すといった用途
 を持っています。そして空や海に近い色ということが選ばれた理由のひとつでありなが
 らも、およそ自然とは言い難いビビッドな青色は、ポリエチレンによる素材感とその用
 途も相まって、日常においては異物といえる存在です。
 今展ではそのブルーシートを基底材に、富士山をはじめとする様々な対象の青として擬
 態させます。そこから見えてくるのは、表層的に覆われた対象のイメージでしょうか、
 あるいは異物の中にある美しさでしょうか。はたまた…。
 空や海とは程遠い「見せかけの青」を元に、考えたいと思います。

                                   山本 雄教

■略 歴

1988 京都府出身
2010 成安造形大学 日本画クラス 卒業
2011 成安造形大学 研究生 修了
2013 京都造形芸術大学大学院修士課程 修了





個展  
2010 「連続していく対象」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
  「米騒動」(成安造形大学コンテンポラリーギャラリー/滋賀)
2011 「どこへ行く」(ギャラリーはねうさぎ/京都)
  「し・てん」(gallery PARC/京都)
2013 「What is there コメをみる※コメにみる」(gallery PARC/京都)
  「rice view」(ギャルリーオー/滋賀)
2014 「RICE LIFE」(ギャラリー和田/東京)
  「How is this connected to that?」(つくるビル/京都)
  「one」(ギャラリー恵風/京都)
2015 「EXCHANGE」(gallery maronie/京都)













受賞など
2012 「ART AWARD NEXT2012 Vol.2」審査員賞 (東美アートフォーラム/東京)
  「公募 日本の絵画2012」入選 (永井画廊/東京)
2013 「京都府美術工芸新鋭展 2012京都美術・工芸ビエンナーレ」公募部門大賞 (京都文化博物館)
  「美術新人賞デビュー2013」準グランプリ(ギャラリー和田・フジヰ画廊/東京)
2014 「TERRADA ART AWARD」優秀賞(T-Art Gallery/東京)






その他グループ展など多数。


お米や1円玉、点字ブロックなど日常ありふれたものを山本雄教は好んで素材や題材に使う。ありふれた対象は
自明の価値や用途をもっていると思われがちだ。しかし提示の仕方によって、それは新たな相貌を表す。
たとえば山本は、1円硬貨のフロッタージュにより巨大な1万円札や1ドル紙幣をつくり、さらに1円硬貨を
床一面に敷き詰めて、硬貨を踏んで作品を鑑賞するように仕向ける。そこには、ものの見方をさまざまに「両替」
していく場をつくろうという山本の意図がある。
今回はブルーシートとという、これまたありふれた素材が用いられる。巧みな描写により、日常見なれた対象が
普段とは違う姿に転じていく。「自明」が崩れるその瞬間を、お見逃しなく。         
                                           +1art カワラギ



copyright(C)2014 Plus1Art All right reserved