N O W
 18 2017 05/11ー05/28

「屋根をふく roof」
 あまのしげ・親谷 茂
 AMANO Shige・OYATANI Shigeru


 N E X T
 19 2017 06/01ー06/18

「内接/外接 soft touches」
 石橋志郎・谷内春子
 ISHIBASHI Shiro・TANIUCHI Haruko



 P A S T
2017
 17 2017 04/06ー04/23

「W M painting works」
 中島 麦 nakajima mugi

 16 2017 03/09ー03/26

「エアリウム Airium」
 浮川秀信 UKIGAWA Hidenobu

 15 2017 02/09ー02/26

「白 図 White Figure」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko

 14 2017 01/12ー01/29

「マルノナカ In the sphere」
 中西 圭・多羅信綱
 NAKANISHI TamacoTARA Nobutsuna


2016

 13 12/01ー12/18

「12のメッセージ
  Dozen Messages」
 12人の作家による合同展

 12 11/03ー11/20
「惑星 E Planet E」
 野口ちとせ NOGUCHI Chitose
 11 10/06ー10/23
「体験の副旋律」
 GUP-py
 10 05/12ー06/19
「クレジオ、耕衣、九条」
 今井祝雄 IMAII Norio
 09 10/06ー04/24
「せんりつ Line vibration」
 加藤悦郎 KATO Etsuro
 08 03/10ー03/27
「Fake Blues 見せかけの青」
 山本雄教 YAMAMOTO Yukyo
 07 02/11ー02/28
「Bubbles」
 うらゆかり URA Yukari
 06 01/14-01/31
「light moving  光移」
 池田啓子 IKEDA Keiko

2015
 05 12/03-12/27
「こころを打つDM」
 12人の作家による合同展
 04 11/05ー11/22
「くうきの輪郭」
 山下裕美子 YAMASHITA Yumiko
 .03 10/08ー10/25
「ささやくエントロピー」
 山崎由美子 YAMAZAKI Yumiko
 02 05/28ー06/14
「N o - I s」
 松田彰・濱大二郎
 MATSUDA Akira・HAMA Daijiro
 01 04/02ー04/19 
「こだまの遠近法」
 田中広幸・野口ちとせ
 TANAKA Hiroyuki・NIGUCHI Chitose

  P A S T


/No.9

2016 4/7(木)ー 4/24(日)

OPEN 木曜~日曜 AM11:00~PM7:00(最終日はPM 5:00まで)


 せんりつ 加藤悦郎 
  Line Vibration





会期中催し
 4/9(土) PM4:00〜  (参加費無料)
 ・アーティストトーク
 ・音のワークショップ
   『Line Vibration』 八巻志帆(バスクラリネット)+森下周央彌(ギター)  



加藤悦郎
KATO Etsuro

 
■今回の展覧会は、画廊より「音」についての示唆を受ける取る所から始まりました。
 一定の制約を与え、自己の内側を辿って行くと最深部で聞こえてくるミツバチの
 羽音のような高速で擦れあう振動音。空間を震わせ世界を立ち上げて行くような音。
 それは美術作品からも時として聞こえてくる、何かのしるし、手掛かり?
 初心にかえって絵画で問おうと思います。
                                  加藤悦郎

■画 歴


個 
1984 Rギャラリー(京都)
1987 89  '91〜'01 ‘03〜'09 ギャラリー白(大阪)
1988 番画廊 (大阪)
1991 枚方近鉄アートギャラリー(大阪)
1994 枚方市民ギャラリー(大阪)
1997 ギャラリーマロニエ(京都)
2002 CAI Contemporary Art International-Hamburg(ドイツ)
2003 '05 '10 ギャラリーDen(大阪)
2004 POLETTO-Hamburg(ドイツ)
2011 port gallery T (大阪)
2012 2kw GALLERY(大阪)
2015 port gallery T (大阪)
2016 +1 art(大阪)

グループ展 等

1987 平面の仕事展 アートスペース レ ボワ(大阪)
1988 New Japanese style painting 日本画材の可能性展 山口県立美術館
1989 六人の方法展 御殿山美術センター(枚方)
1990 マチエールの異種交配 ギャラリー白(大阪)
1991

'93 '95 '97 '99 京阪沿線より発信 現代美術10人展
  京阪ギャラリー、オブ、アーツ、アンド、サイエンス(大阪)
1992


'94 '96 '98~2011  氷点下のポリフォニー
  ギャラリー白、ラ・フェニーチェ、ギャラリーDen、MAギャラリー、元麻布ギャラリー、
  海岸通りギャラリーCASO                  (大阪、東京、福岡)
1994 異類異業 熊本県立美術館
1995 '96 '99 '00 '06 三人展 不二画廊(大阪)
1997 '98 '99 現代日本美術展 (東京、京都)
1998 第3回シェル美術賞展 目黒美術館 〈東京〉
1999 星川忠資、加藤悦郎二人展 不二画廊(大阪)
2001 Illusion of 6 Contemporary Artist in Korean&Japanese Gallery Wooduk(ソウル)
2003 画廊の視点 現代美術センター(大阪)
2005 二人展 Gallery安政(福岡)
2011 '15 Resonanse 響きあう3人 森田画廊(東京)
2012 みずぎわのぐるり 2kw GALLERY(大阪)
2013 summer exhibition 川辺ナホ、ジョミ.キム、加藤悦郎 Port gallery T(大阪)
2013 三人展 不二画廊(大阪)

受 賞
1999 現代日本美術展 三重美術館賞
2001 吉原冶良賞展 大賞

パブリックコレクション
三重県立美術館、 大阪府立現代美術センター



熱心に話や音楽を聞くことを、耳を傾けるとか耳を澄ますという。
和紙に墨、顔彩を用いて描かれた450×230㎝の加藤悦郎の新作「せんりつ」の前に立つと、そういう言葉が思い浮かぶ。
作品に描かれた境界の曖昧なラインがわずかに震え、そこから発する振動が聴覚まで刺激するからだろうか。
画廊の天窓から入る光を受けて少しずつ変化する「せんりつ」は、ここでしか見られ(聞かれ?)ない。
                                             +1 art カワラギ



copyright(C)2014 Plus1Art All right reserved