ARCHIVE no.64

狂転体 展

2022  03/09(水)ー03/26(土)
PM 12〜7(最終日 〜PM5) 日・月・火 休廊

狂転体

DM pdf



関連イベント

3/19
(土) PM 4時ー  無料 
《ネオジム磁石ヘルメット》による描画実験 :岡本奈香子

3/26 (土) PM 3時ー  無料・要予約
パフォーマンス:鬼頭 俊×岡本奈香子、鬼頭 俊×松尾藤代

 

「狂転体」は『シュルレアリスムの再認識』を目的に1977年に結成されたグループで、1983年に活動を休止しました。活動は常時7名前後のメンバーが入れ替わりながらワークショップが続けられ、メンバーは美術作家、TVプロデューサー、作曲家、バイオリニスト、デザイナーなどの様々でした。 2015年に再び展覧会、パフォーマンスが行われその活動が再開されました。今回はその主要メンバーであった、柴辻秀彦、鬼頭俊、笹岡敬に加え、石田嘉宏、稲垣智子、岡本奈香子、松尾藤代、明界要介が参加します。解剖台の上のミシンと蝙蝠傘の出会いにおける解剖台をカウンターに見立て、そのカウンターを中心に実験を試みます。+1artでの発表後、奈良県桜井市の元寿司屋、大阪のCASでも展開を予定しています。




狂転体イベント
1977 狂転体イベント[5人による三角形的考察] アートコアギャラリー(京都)
1977 狂転体イベント[狂転体による現代音楽] 栄遊歩道(名古屋)
1979 狂転体イベント[破髄] 京都文化芸術会館ホール(京都)
1979 狂転体イベント[交差点における位相] 京都四条河原町交差点(京都)
1979 狂転体イベント[WHITE CUBE](奈良吉野)
1979 狂転体イベント[SUMMER PERFORMANCE 1979] ギャラリーサードフロア(京都)
1980 狂転体展 ギャルリーキタノサーカス(神戸)
1981 狂転体イベント[ネオバロックのために] 京都日仏会館(京都)
1983 狂転体イベント[ネオバロックのために] BOXギャラリー(名古屋)
2015 狂転体展 CAS(大阪)

狂転体関連
1979 S氏の3つの目(笹岡敬+柴辻秀彦+佐々木誠) ギャラリーサードフロア(京都)
1980 場の共有展(笹岡敬+鈴木宏司) BOXギャラリー(名古屋)
1985 3人のS氏によるパフォーマンス[食卓](笹岡敬+柴辻秀彦+杉本憲彦) ノースフォート(大阪)
1985 ワークショップ[ペンタクト] 「シャドウ・ハンティング」(笹岡敬+柴辻秀彦+杉本憲彦+鈴木宏司+上村尚子+有地左右一)吹田メイシアター(大阪)
1987 THANKS FOR OUR LOVERS(笹岡敬+柴辻秀彦)大阪府立現代美術センター